【第14回】-ジオパーク活動に参加しましょう-

2016年2月1日

column-miyahara3

平成26年8月26日に「鳥海山・飛島ジオパーク構想」の準備会活動がスタートして約1年半がたちました。構想メンバーの秋田県由利本荘市とにかほ市、山形県酒田市と遊佐町の3市1町では、ジオパークに関する講演や説明会、ガイド養成講座、地域のイベントへの出展、小中学校への出前授業など、平成27年4月から11月までだけでも100件以上の活動を展開しています。各所に「Touch!」という青いのぼりが掲げられるようになりましたが、ご覧になりましたか?

ジオパーク構想では、住民の皆さんのさらなる参加を求めています。専門知識や技術などは必要なく「自分の町や隣町の自然の成り立ちや鳥海山のことなどを知りたい、伝えたい」という思いがある方なら、どなたでも参加できます。地域の歴史や文化、産業のほか、食のテーマでも活動ができます。子どもから大人まで、ジオパーク活動を通して、地域の魅力を楽しみ伝える仲間づくりをしましょう。

今年も数多くの講座やイベントを企画しますので、ぜひお気軽にご参加ください。



宮城学院女子大学 現代ビジネス学部 教授 宮原育子氏

【文・写真】
宮城学院女子大学 現代ビジネス学部 教授 宮原育子氏

宮原育子 氏のその他の記事