福田の泉

福田の泉は高さ50mほどの崖の下から出る湧き水です。この崖は約14万年前に鳥海山から流れ出た溶岩で、うすい板が積み重なったような板状節理(溶岩がゆっくり冷えるときにできる板状の割れ目)が見られます。
鳥海山の内部で、溶岩が何千もの層となってたくさんの水をため込み、数年から数十年かけて湧き出しています。水温は年間を通じて約12度、湧出量は平均5ℓ/秒ほどです。街道を往き来する旅人の喉をうるおし、元気づけた湧き水と伝えられています。

基本情報

観光情報日本海東北自動車道象潟ICより車で約10分、JR象潟駅より車で約10分
トイレなし
売店・休憩所なし
駐車場なし
その他

MAP