法体の滝とポットホール(甌穴)

約10万年前の鳥海山の噴火で大量の溶岩が流れ出しました。その上を流れてきた子吉川の水が一気に溶岩の末端崖を流れ落ちることによって、落差約57mの美しい滝をつくりだしました。
滝は三段になっていて、三の滝の岩盤には溶岩がゆっくり冷える過程でつくられた規則的な柱状の割れ目(柱状節理)が見られます。
三の滝を登り、一の滝や二の滝の近くまで行くと、岩に円形~楕円形の直径30cm~2mの穴がたくさん見られます。これは大雨のときに小さな砂や礫を含んだ流れが、河床の岩盤の割れ目や小さな穴の上で渦を巻いたときに形成されたポットホール(甌穴)です。
ポットホール越しに流れ落ちる滝や鳥海山の山頂を望むことができます。

360°ストリートビュー

基本情報

観光情報日本海東北自動車道本荘ICより車で約1時間10分、由利高原鉄道矢島駅より車で約50分 (冬期閉鎖:11月末~5月上旬)
トイレあり
売店・休憩所売店は現在休業中
駐車場通常100台 大型10台
その他県指定名勝及び天然記念物「法体の滝及び甌穴」(1960年)、自然公園法、秋田県文化財保護条例

MAP