コースの概要

1 小物忌神社(山楯) arrow_forward 2 城輪柵跡 arrow_forward 3 城輪神社 arrow_forward 4 玉簾の滝 arrow_forward 5 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮

コースの詳細

1 小物忌神社(山楯)

directions_car所要時間15分

2 城輪柵跡

昭和6年に発見された平安時代の出羽国の国府(政治的中心地)の跡で1 辺720m の広大な遺跡です。過去に津波や荒瀬川の氾濫の危機に晒されたという記録が残されています。現在は一部が復元され歴史公園として親しまれています。

directions_car所要時間15分

3 城輪神社

directions_car所要時間10分

4 玉簾の滝

落差63mの玉簾の滝は出羽丘陵の一角にあります。北西を向いているので太陽高度や日差しによっては滝の飛沫が玉簾のように見える時があります。
出羽丘陵は1500万年ほど前にはまだ海の底にありました。そのときに海の底で火山が噴火し、その噴火の時の溶岩が海の底の地層に流れ込んでゆっくり冷えて固まった玄武岩でできているのが玉簾の滝の崖です。この崖をよく見るときれいな縦の割れ目が入っている部分がありますが、柱状節理です。実はこの柱状節理を飛島でも見ることができるのです。同じころに飛島も海の底にあって海底火山が噴火していたのです。
今から300万年ほど前になると地殻変動で東西から押されて、出羽丘陵が海の中から盛り上がってきます。そのせいで海の底にあった岩が目の前の滝になっています。

directions_car所要時間25分

5 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮

出羽国一ノ宮である鳥海山大物忌神社の起源は大変古く、昭和38年(1963)に1400年祭が執り行われたことから庄内地方では最古の歴史を持つ神社ではないかといわれています。本社は鳥海山の山頂に鎮座し、麓に「口ノ宮」と呼ばれる里宮が吹浦と蕨岡の2カ所に鎮座しています。