飛島の津波堆積物

飛島の西側の隆起ベンチを覆っている緩斜面には有機質の土壌層に礫と呼ばれる小石の層が挟まれているところが何カ所かあります。島内に大きな河川はありませんので、これらの礫(4~256mm)は海から来たもので、津波がここまで礫を運んできたことを表わしています。
この露頭からは9~10世紀ころに津波があったこと、一番上の表層近くの礫層が1833年の庄内沖地震津波が起源と推定されることから、およそ1000年に1回の周期で津波の被害があったことをうかがえます。

基本情報

観光情報飛島定期航路で酒田港から75分、飛島港から徒歩で30分
トイレなし
売店・休憩所なし
駐車場なし
その他

MAP