元滝伏流水

 「元滝伏流水」は今から約10万年前に流れ出した鳥海山の溶岩の末端崖から流れ落ちている湧き水の滝です。落差5m、幅30mで、水温は一年を通してほぼ10度です。滝壺周辺にはイワナ・ヤマメ・サンショウウオなどがすんでいます。
 辺りには霧が立ち込め、苔むした岩肌の隙間から流れ落ちている様子はまるで白いカーテンのようで、鳥海山の恵みでつくられた豊かな水と美しい風景が楽しめるところです。
 「元滝」はもう少し上流にある滝ですが、崖が崩れたため立ち入り禁止になっています。また遊歩道を外れて長い年月をかけて育った苔が生えている岩の上に上がったりしないように気をつけましょう。
 駐車場から約750m歩くと「元滝伏流水」に到着します。帰りは階段を上がり、杉林の中を通って戻ると途中に湧き水もあります。

360°ストリートビュー

基本情報

観光情報日本海東北自動車道象潟ICより車で約5分、JR象潟駅より車で約10分、徒歩約10分
トイレあり
売店・休憩所なし
駐車場普通21台、大型9台
その他

MAP