庄内平野東縁断層帯

活断層は日本の内陸や周辺海域にある断層で、過去に繰り返しずれ動いて地震を起こしていたことが確認されています。日本の周辺には約2000の活断層があり、それ以外にも多数あるといわれていま す。
庄内平野東縁断層帯は庄内平野と出羽丘陵の境界部にほぼ南北方向に分布する長さ約38kmの活断層帯で、国道345号線沿いに直線的に続いています。これは日本列島を太平洋側から押す大きな力が働き、東側の丘陵地が隆起したためにできました。
活断層の地震は比較的震源が浅く甚大な被害をもたらします。1894(明治27)年の庄内地震は庄内平野東縁断層帯の一部がずれたた可能性があります。
周期的に発生する海溝型地震と違って活断層の地震は発生間隔が数千年程度と長いために確率が大きな値になりません。そのため危険度は4段階の「ランク」で分類されています。
庄内平野東縁断層帯はSランクですが、日本はどこでも大地震の起こる可能性があるのであわてずに行動しましょう。

基本情報

観光情報遊佐町~庄内町 国道345号沿線
トイレ
売店・休憩所
駐車場
その他

MAP