ボツメキ湧水

botsumeki

1日に約900t湧き出しており、その美味しさから地ビールの原料水にも使用され、多くの人が汲みに訪れています。名前の由来は、水が湧き出る様子を秋田弁で表現する「ボツボツメグ」が変化したとする説と、アイヌ語で「泡が立つ」という意味の説があります。