胴腹滝

douhara

鳥海山の伏流水が山腹から湧き出ている様子を、身体の「どうっぱら」から湧き出しているという例えで名づけられました。杉林の中には小さな杜があり、その杜を挟んで2 つの滝があります。滝の左右で味が違うといわれています。