柏木山と海岸遊歩道

 柏木山、百合島、舘岩は赤っぽい色をしていて、約900万年前に噴き出した粘り気の強い溶岩が固まった流紋岩でできています。
 島の南端から賽の河原にかけては、溶岩が固まるときに流れたきれいな流理構造の見られる岩にタッチしながら歩くことができる遊歩道になっています。飛島は冬場は特に波風が強く、この遊歩道を歩くと長い年月の浸食によってできたいろいろな造形美が楽しめます。また、飛島が隆起を繰り返してきた証拠の隆起ベンチやポットホールも見つかります。
 柏木山にはハヤブサが営巣し、トビシマカンゾウや暖地性のハイビャクシンの自生地として酒田市の天然記念物にも指定されています。そして山頂には約100年前に寺田寅彦博士が大陸移動説を確かめようとしたコンクリート柱も残っています。

基本情報

観光情報飛島定期航路で、酒田港から75分、飛島港から徒歩で15分
トイレなし
売店・休憩所なし
駐車場なし
その他市天然記念物 (1975年)

MAP