ゴトロ浜

gotorohama

島の南西部のゴトロ浜には波に削られてできた高さ20メートルほどの崖があり、海底火山から噴出した火山弾と火山灰が交互に堆積した地層です。噴火回数は6000回を超え、1000万年以上の大昔、飛島がかつて海の底にあったことがよくわかります。