鶴間池

鶴間池は緩やかな斜面が広範囲にわたって、かたまりのままゆっくりと約180m下にすべりおちた地すべりでできあがりました。地すべりでできた凹地に水がたまって形成されたもので火口ではありません。地すべりは地震や大雨で発生しますが、鶴間池ができた地すべりの原因ははっきりしていません。
鶴間池の北側は約44万年前の噴火の時の溶岩で崖になっています。イヌワシは崖に巣をつくりますが、鶴間池の近くのどこかに巣をつくっています。
また、鶴間池にはモリアオガエルやイモリなどがすんでいます。水深3.9mとそれほど深くはありませんが、一年中氷結することがないので、四季を通じて水鳥や小動物が水を求めて集まってきます。地すべりでできあがった地形のおかげで、イヌワシをはじめとして豊かな自然が広がっている鶴間池周辺です。

基本情報

観光情報日本海東北自動車道酒田みなとICから車で約45分、JR酒田駅から車で約55分
トイレなし
売店・休憩所なし
駐車場路肩に縦列駐車
その他自然公園法

MAP