NIKAHO にかほ

NIKAHO にかほ

紀元前466年、鳥海山は突然大きく崩れ、岩なだれが発生しました。岩石と土砂は猛スピードで流れて海に達し、平らで小さな丘が点々とある地形を作りました。やがて一帯は潟湖になり、小さな丘は潟のなかに浮かぶ島々-「九十九島」となりました。その美しい景観は広く知れわたり、江戸時代の俳人・松尾芭蕉をはじめ多くの文人墨客が訪れました。
また、大量の土砂は海を埋め立て、現在では市街地となっている広大な大地をつくりました。 鳥海山がつくった美しい風景と豊富な湧水、人々の生活との関連など、見どころの多いエリアです。

NIKAHO にかほ

  • 上郷の温水路群
  • 九十九島
  • 中島台・獅子ヶ鼻湿原
  • 由利海岸波除石垣

ジオパーク にかほエリア地図

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を使用した。(承認番号 平27情使、第49-GISMAP35487号)

  • 【鳥海山・飛島ジオパーク 推進協議会事務局】
  • 〒018-0192 秋田県にかほ市象潟町字浜ノ田1
  • Tel. 0184-62-9777
  • Fax. 0184-62-9788
  • email. info@chokaitobishima.com

〜日本海と大地がつくる水と命の循環〜
Copyright © 鳥海山・飛島ジオパーク 推進協議会事務局