Touch ふれる・楽しむ・好きになる

鳥海山・飛島ジオパーク構想

ジオパークとは?

ジオ(地球)に関わるさまざまな自然遺産、たとえば、地層・岩石・地形・火山・断層などを含む自然豊かな「公園」のことです。山や川をよく見て、その成り立ちに気付くことに始まり、生態系や人々の暮らしとのかかわりまでをつなげて考える場所です。足元の岩石から頭上の宇宙まで、数十億年の過去から未来まで、海や山の大自然からそこに暮らす生き物と人々までを一つにして考える。つまり地球を丸ごと考える場所、それがジオパークです。

ヨーロッパと中国を中心に、世界ジオパークネットワーク加盟の質の高いジオパークが111地域あります。日本には、2014年9月現在、洞爺湖有珠山、糸魚川、山陰海岸、島原半島、室戸、隠岐、阿蘇の7ヶ所が世界ジオパークネットワークに加盟認定されています。これ以外にも加盟を目指して活動を始めている地域が多数あり、博物館などを中心にジオツアー的な活動を行っています。日本でも、すでにジオツーリズムを楽しむことはできるのです。

世界ジオパークネットワーク

日本ジオパークネットワーク

ジオパーク概念図

鳥海山・飛島ジオパーク構想とは?

「日本海と大地をめぐる水と命の循環」。鳥海山・飛島エリアはまさにこの水と命の循環を 間近に観察することができる貴重な自然環境が形成されています。
鳥海山・飛島にふれながら、この地域の豊かな自然や文化を次の世代にバトンタッチするために。
鳥海山・飛島ジオパーク構想は、秋田県由利本荘市・にかほ市・山形県遊佐町・酒田市の4つの自治体と 地域住民が連携して「日本ジオパークネットワーク」への加盟を目指しています。

  • 【鳥海山・飛島ジオパーク構想 推進協議会事務局】
  • 〒018-0192 秋田県にかほ市象潟町字浜ノ田1
  • Tel. 0184-62-9777
  • Fax. 0184-62-9788
  • email. info@chokaitobishima.com

〜日本海と大地がつくる水と命の循環〜
Copyright © 鳥海山・飛島ジオパーク構想 推進協議会事務局